スポンサーリンク

メールのプレビュー表示は危険

メールプレビュー

XP のサポート終了に伴い OS 変更や PC 買い替えの方が多いことと思われますが、ネットでも危険に関する質問などが飛び交っています。
筆者の友人宅でも経験したことなのですが、メールのプレビュー表示は安全だという勘違いをしている方が意外と多いようです。

通常はメールソフトを立ち上げると受信トレイにはメールの件名だけが並んでいます、この状態では例えウィルスメールが送られて来ていたとしても問題はありません。
悪意を持ったメールが悪さをするのは、メールをダブルクリックで開いてからですが、開いただけで害があるほど凶悪なものは少ないともいえます。

ではそのような凶悪なメールだった場合プレビュー表示するとどうなるか?
アウトです。
プレビュー機能というのはメールソフトが勝手にメールを開き、小窓で内容を表示しているに過ぎないのです。
要するにコンピューター上では皆さんが件名をダブルクリックして開いたのと全く同じことが行われているのです。

多くの悪質なメールというのは、有料サイトへ登録を促すメールや、ワンクリック詐欺のサイトへ誘導するメールです。
つまりメールを開いてリンクをクリックし、更に移動先から登録作業を行なったりした時点でアウトということになります。
メールに直接返信して問い合わせをするという行為もアウトです。

また同じところから怪しげなメールが毎日送られてくるからといって、そのメール内容に記されている「メール受信設定」とか「受信拒否申請」などといったリンクは絶対にクリックしてはいけません。
そのようなメールに書かれていることは全て嘘だと思うべきで、その様なリンクの開いた先は「登録ありがとうございました」などといったオチが大半です。
この時点ではメールアドレスが登録された程度でありますが、焦った訪問者に付け込んで次に「登録を取り消したい方はこちらのフォームから」などといったリンクが用意されていて、そこに連絡先などの個人情報入力欄に情報を入力し送信することで完全にアウトということになります。

以上のような様々なケースを総合して、筆者のお勧めする最低限必要なメール対策を纏めると以下のようになります。

  • プレビュー表示をしない(メールソフトのオプション設定や表示設定に項目があります)
  • 怪しい件名は開かずに削除し、更にメールソフトのゴミ箱からも削除
  • 画像だけではなく余計な物は全て読み込まないようにするために、手っ取り早いのは HTML 形式で受信せず、テキスト形式で文章だけを表示する設定にする(オプション設定や受信設定にあります)
  • 微妙なメールを開いてしまった場合、何が書かれていても気にしない(興味本位で真相を知りたいのであれば、そのメールから情報を追わずに、Google 検索などで件名や本文の一部から検索し情報収集する)
  • 知らない人からのメールの送付ファイルは絶対に開かない(知ってる人からのメールでも送り主が送信した後に勝手に送付されたウィルスプログラムである可能性は捨てきれないので、いきなり開かずに一旦ディスクに保存しウィルス検索ソフトなどで安全を確かめた後に開く)

以上のような対策していれば悪意を持ったメールの被害にあることは無いでしょう。
筆者は PC 暦 20年ほどになりますが、このようなスタイルで使っているためメールで被害を受けたことはありません。
PC 知識だけではなく罠に陥らないために必要な心得として、怪しいメールの接触があっても「だからなに?」といった強い心を身に付けることが大切です、悪意がある人は焦った人を対称にその後の誘導を計算しているからです。

スポンサーリンク
sns1 RSS Feedly はてな Line Tweet FaceBook sns2 Follow Follow none none none none
スポンサーリンク

コメント

_____________________________________________________________________________________________________