スポンサーリンク

「漢字を書いて覚えよう」マウスで書く漢字テストのフリーソフト

「漢字を書いて覚えよう」は出題をマウスによる手書きで書く、漢字を覚えるためのフリーソフトです。
対応OS:Windows XP/Vista/7/8 (各32bit版) 日本語
公式より:64bit 版 OS 上では多くの場合は動作しますが、全ての機能が 32bit 版 OS 上と同様に動作することを保証するものではありません。


筆者は漢字が読めるけど書けません。
筆者が馬鹿だからという問題ではないのです。
昔と違い現代では紙に字を書くということが極端に減りました。
特に筆者の場合仕事は 100% PC で、趣味は 90% PC を通じています。
つまり食う・寝る・その他もろもろの時間を除き一日15時間あったとして、その全てが PC と共にあります。
このような生活が長く続く(10年以上とか)と漢字は読めるけど書けなくなっていくのです。

書類関係は 100% エクセルやワードなどに代わり、手紙や郵便も全てメールに代わり、趣味では 3D ポリゴンデーターなどをいじったり ペイントツールで CG などを書く、その様な生活が続けば当然のことなのかもしれません。
取引先との紙での手書き文章や伝票を作成している業務の方でもなければ、一般の会社務めをしている人でも字を書く機会は本当に少なくなりましたね。

まれに病院の受付とか会員証を作るときなどに字を書くことはありますが、それでは住所・氏名・電話番号しか書く機会が無く、初めてかかる病院などでは体調など細かく書かされますが、その時点で思い出せない漢字だらけで携帯片手に字を調べながら書くレベルです。
結局家でも外でも機械を通じて変換することで漢字を使っているため、忘れる一方で覚えることがないのです。
正直学生時代の10分の1すら書けないでしょう、20分の1もあやしい。
逆に英語は PC がある生活になってからの方が何十倍も勝手に身に付いています。

結局のところ漢字というのは書かなければ覚えられないのです。

普段の生活や仕事のちょっとした飽き時間などに、例えばフリーセルのようなちょっとしたカードゲームなどで時間を潰すときに、代わりにこのソフトで漢字の勉強をすることをお勧めします。
「私は漢字なんて勉強しなくても書けるよ!」と強気な方、騙されたと思ってこのソフトの問題に答えてみて下さい。
もし 30 問でもいいから全部答えられたら認めましょう、というか尊敬します。
筆者はあなたの想像を遥かに超えるレベルで書けませんでした、あまりにも酷いので結果を言えないレベルです。
この記事を手書きで書けと言われたら、漢字は20分の1に減る自信があります。

公式サイト
http://www.aqsoft.jp/kakitoriw/index.html

スポンサーリンク
sns1 RSS Feedly はてな Line Tweet FaceBook sns2 Follow Follow none none none none
スポンサーリンク

コメント

_____________________________________________________________________________________________________
net PV