スポンサーリンク

「AviUtl」フリーソフトの中で最強の動画編集ソフト

動画を自由自在に編集できる、フリーソフトの中で最強と言える動画編集ソフト。
対応OS:Windows XP/Vista/7/8 日本語対応

主に Youtube やニコニコ動画に動画をアップロードする人が使い込むことになるフリーソフトです。
他のソフトでも多少の加工や切り取り編集などして変換後アップロードすることは可能ですが、自分好みに編集して高画質でエンコードしアップロードしたいという人は AviUtl 無しでは無理です。

AviUtl の使い方

正直言いまして何でも出来て高性能であるが故に難易度は高いです。
適当に使って目的が果たせるような甘いソフトではありません。
動画作成が好きで動画編集に際はあらゆる設定項目を自分好みに設定するような人でなければ、向いていないというか使いこなせないでしょう。

簡単な動画編集が目的でこのページに辿り着いた方は、他にもいくつか難易度が低い動画編集フリーソフトを紹介してますので、これらで目的が果たせるのであれば先に試すことをお勧めします。

「FLV Editor Lite」FLV 無劣化編集ソフト
「Movica」動画の無劣化編集ソフト
「Avidemux」動画の無劣化編集ソフト
「Any Video Converter」動画の変換ソフト
「XMedia Recode」動画の変換ソフト

まず最初に AviUtl をインストールする前に PC のコーデックやスプリッターの準備が必要です。
まだ準備が出来ていない人は、以前書いたコーデックの記事がありますので次のリンク先を読みながら「ffdshow」と「Haali Media Splitter」と「FLVSplitter」の準備を整えて下さい。
「全ての動画を再生できるPCへ」
コーデックの準備が整ったらまずは必要なものを入手し揃えましょう。

AviUtl の入手とインストール

「AviUtl 本体」と「拡張編集 Plugin」を入手してください。
AviUtl はインストールは必要ありません。
解凍して出来たファイルを任意の場所に移動するだけです。
拡張編集 Plugin は解凍してできた全てのファイルを aviutl.exe を置いたフォルダ内に移動するだけです。

AviUtl 公式サイト
http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/

H264 MP4 でエンコードするための準備

x264CLI(x264.exe) の入手

動画ファイルを H264 MP4 で出力するために必須です。
PC環境にあった 32bit 64bit いずれかのをダウンロード。
ダウンロードした「例:x264-r2345-f0c1c53.exe」ファイルをそのまま aviutl.exe を置いたフォルダ内に移動するだけです。
問題があった場合は旧バージョンを試します。
http://x264.x265.net/

拡張 x264 出力(GUI) Ex の入手

動画ファイルを H264 MP4 で出力する際に、様々な設定を行なうために必須です。
https://onedrive.live.com/
x264guiEx_?.??.zip をダウンロードし、解凍したら「auo」フォルダ内の「x264guiEx.auo」「x264guiEx.ini」「x264guiEx_stg(フォルダ)」を、AviUtl.exe がある階層に移動。

MP4BOX の入手

MP4 出力の際に使うファイル。
http://www.videohelp.com/tools/MP4Box
ここ以外にも至るところで配布されていたり、エンコード関連のフリーソフトのフォルダに入っていたりします。
最新の物は MP4BOX_GPAC.Framework.Setup-0.5.0.exe となっていて、14MB以上あり余計な物までセットになったセットアップファイルのようなので、今回必要なのは「MP4Box.exe」だけであることから「Download MP4Box old versions」からPC環境にあった 2.5MB 程度のファイルをダウンロードしましょう。
その場合セットアップの必要は無く解凍したファイルを AviUtl.exe がある階層に移動すればOKです。

Nero Digital Audio を入手

音声出力のために必須のファイル。
http://www.nero.com/jpn/company/about-nero/nero-aac-codec.php
開いたページの「エンドユーザー使用許諾条項」の下に「同意」ボタンがあるので押すと、メールアドレス入力欄が現れるので、フリーアドレスなどを入力してダウンロードを押す。
解凍したフォルダの中で必要なのは「neroAacEnc?.exe」のみなので、ファイルを AviUtl.exe がある階層に移動。


またこれらを動かすためには「Microsoft .NET Framework 4.0」が必要。
マイクロソフトアップデートでカスタム検索するとソフトウェアのところにあります。
又はマイクロソフトダウンロードセンターでパッケージを落としてインストールしますが、その際には修正パッチもお忘れなく。

その他入れておいた方が良いプラグイン

Mpeg2 プラグイン

TV・ビデオカメラ・DVD などの映像は全て基本は Mpeg なので、必須といっても過言ではないプラグインです。
http://www.marumo.ne.jp/mpeg2/
m2v_vfp-0.7.8.lzh をダウンロード・解凍し、必要な物だけ移動します。
必要なのは「m2vconf.exe」「m2v.vfp」の2つだけで、そのうち m2v.vfp は m2v.aui とリネームしてから AviUtl.exe がある階層に移動し完了。

L-SMASH Works

ffdshow で正常に読み込めないときに活躍する入力プラグインです。
ffdshow は PC にインストールするものなので PC 全体に影響しますが、こちらは AviUtl にだけ追加する物なので競合などは心配要りません。
http://pop.4-bit.jp/
L-SMASH Works の最新版を選択しダウンロードします。
解凍してできたファイルとフォルダを全て AviUtl.exe がある階層に移動。

AviUtl の設定

AviUtl の使い方と設定

まず最初に「MP4Box.exe」「neroAacEnc.exe」「x264.exe」のパスを指定します。
図のように拡張 x264 の設定画面を開くまで進んで下さい。

AviUtl の使い方と設定

次にベースとするプロファイルを選択します。
Youtube にアップロードするのであれば「Youtube」を選択すると良いでしょう。
これをベースにオリジナルの詳細設定を行い新しく保存する流れです。

AviUtl の使い方と設定

三箇所それぞれのパスを指定し新規保存でオリジナルのプロファイルとします。

AviUtl の使い方と設定

次に図のように進んでシステム設定を開きます。
最大画像サイズと最大フレーム数をこの程度まで上げておきます。
これが低い設定だとサイズの大きい動画や長い動画は作れません。

AviUtl の使い方と設定

入力プラグインの優先度設定は上に配置するほど優先されます。
自分なりに安定した順序を見つけていくものですが、基本的には筆者の設定をベースにされるのをお勧めします。
映像や音声が読み込めない動画があった場合にはそのときだけ順序を変えます。
「DirectShow」か「L-Smash」どちらかを一番上に上げて試すと、読み込めない動画はほぼ無いでしょう。
この両方を最上位にしても読み込めない動画ファイルの場合は、ファイルの破損が疑わしいです。

AviUtl の使い方と設定

これは編集の際にフィルタをかける順序を決めるものですが、例えば映像をぼかしてからシャープにするのと、シャープにしてからぼかすのでは違う結果になります。
特に映像全体の画面の大きさと上下削るといった作業両方行なうのであれば、順序によっては全く違う映像になるのです。
とりあえずは筆者の設定をベースにでもして、自分の編集の癖に合わせてアレンジしてみて下さい。

AviUtl の使い方と設定

インターレースについての詳細は検索などで調べて下さい。
簡単に言うとTVの映像などは位置がずれた二枚のギザギザの画像を交互に映すことにより、輪郭をなめらかに見せ動きをスムーズにするという技術を使っています。
家庭用のビデオカメラなども設定次第ではその様になっています。
これが PC やネットの世界では全く一般的ではなく、対応していない端末で見たときにギザギザでまともに見れない映像となってしまうのです。

これをインターレースを使ってない映像に変更するのがインターレース解除なのですが、気をつけなければならないことがあります。
インターレースがかかってない映像に対してインターレース解除行なった場合、インターレースをかけたのに等しいギザギザの映像となってしまうのです。
なので普段は「なし」に設定しておき、必要な時だけ「自動」を選択し使うようにします。

実は先日筆者も大ミスをやらかしまして、ビデオカメラの映像をエンコードした際に「自動」に設定し、そのまま戻し忘れて不必要なエンコードの際に自動のままやってしまい、後から汚いことに気が付き元ファイルを削除した後だったので手遅れなことがありました。
ゲームのプレイを録画してエンコードしてアップロードした物なのですが、全く同じ設定でエンコードして、インターレースの設定をミスしたものと正しい物があるので見比べてみて下さい。
一目瞭然で一方の動画の方が汚いことに気付かれるかと思います。

設定ミスの動画
https://www.youtube.com/watch?v=HBR8REutEt0

正常設定の動画
https://www.youtube.com/watch?v=1XVVGL-nUDU

AviUtl の使い方

とにかく色々試して使い慣れて下さいといった感じですが、簡単な説明だけ書いておきます。

  • メインウィンドウに映像ファイルをドラッグし読み込みます。
    このとき再生ウィンドウで、音声が読み込めているか、映像が乱れていないか、インターレースの有無はどうかを必ず確認して下さい。
    問題があった場合は入力プラグインの優先度を変更して再読み込みします。
  • シークバーです、ドラッグで動かします。
  • シークバーでは出来ない1フレームの微調整などを行ないます。
  • 切り取りや削除を行なう際の始点と終点を決めます。
  • メインウィンドウを右クリックすることにより編集メニューが現れます。
  • 全体的に加工を加える際にチェックボックスをONにし、設定から調整します。
  • 保存する際はプラグイン出力から x264 出力を選択し、ビデオ出力からプロファイルの確認をします。
    ファイル名を入力して保存を押すとエンコードが始まります。
  • バッチ出力というのは、複数のエンコード作業を予約してまとめて出力するときに使います。
    保存の変わりにバッチ登録を選択し、一旦全て閉じて次の新しい作業を終わらせ更にバッチ登録します。
    全て終わったらバッチ出力を選択すると順番にエンコードが始まります。
    寝てる間に複数のエンコードをやっておくといった使い方です。
スポンサーリンク
sns1 RSS Feedly はてな Line Tweet FaceBook sns2 Follow Follow none none none none
スポンサーリンク

コメント

_____________________________________________________________________________________________________
net PV