スポンサーリンク

Windows 10 の OneDrive を無効にする方法

Windows 10 では最初から OneDrive がインストールされています。
Windows 10 をローカルアカウントで使っている方は、OneDrive にログインしなければ勝手にファイルが共有されることはありませんが、全く使わないのにフォルダーツリーに表示されてるのは邪魔だと思う人は多いと思います。

OneDrive そのものを停止する手順を説明しますが、停止しても WEB 上から OneDrive の利用は可能です。

「Windows キー」+「Rキー」を押して「ファイル名を指定して実行」を表示するか、Cortana から始めます。
入力欄に「gpedit.msc」と入力し、「OK」をクリックします。

ローカルグループポリシーエディターが開くので、
ローカルコンピューターポリシー>コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windows コンポーネント>OneDrive
を開き、「OneDrive をファイル記憶域として使用できないようにする」をダブルクリックします。

「未構成」になっている項目を、「有効」をチェックして「OK」をクリックします。

<無効にするのに有効を選ぶということで、間違わないようにご注意ください。
「使用できないようにする」機能を「有効」にして、OneDrive を「無効」にする作業です。/p>

スポンサーリンク
sns1 RSS Feedly はてな Line Tweet FaceBook sns2 Follow Follow none none none none
スポンサーリンク

コメント

_____________________________________________________________________________________________________
net PV
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。