スポンサーリンク

NVIDIA グラフィックボード搭載 PC でエラー・フリーズ・ブルースクリーンが出たときに最初に試すべき「PhysX 構成の設定」

PC 使用中に、ディスプレイドライバのエラー・ブルースクリーン・強制再起動・フリーズ・プチフリーズなどが発生した場合、普通であればパーツの寿命、ディスプレイドライバの不具合、電源の劣化による電力不足、パーツの熱暴走、OSの深刻なレベルのトラブルなど、深刻な原因ばかりが思い当たると思います。
これを解決しようと思えば、最初はディスプレイドライバの再インストール、それでもだめならOSの再インストール、それでもだめならメーカーPCなら修理に出し、自作PCなら怪しいパーツから順に交換していくことになります。
どれも手間やお金のかかる大掛かりな対処となります。

NVIDIA GeForce 搭載 PC を使用されてる方は、これらの大掛かりな対処の前に是非試して頂きたいのが「PhysX 構成の設定」です。
特にプチフリーズや、古いドライバなら正常なのに最新ドライバに変えたら逆に深刻なトラブルが出る人などはこれが原因の可能性が高いです。

設定は簡単、NVIDIA コントロールパネルを開き、「Surround、PhysX の設定」を開きます。
PhysX の設定のプロセッサところが初期設定では「自動選択(推奨)」になっていますが、困ったことにこの推奨設定で深刻なエラーが出ることが多いです。
この項目をお使いのグラフィックボード名に変更して様子を見てみましょう。
NVIDIA コントロールパネルは「適用」ボタンがわかりにくい場所にあるので、忘れずに押しましょう。

スポンサーリンク
sns1 RSS Feedly はてな Line Tweet FaceBook sns2 Follow Follow none none none none
スポンサーリンク

コメント

_____________________________________________________________________________________________________
net PV