スポンサーリンク

Chrome の初回起動が遅くなる Silverlight

Chrome

2013/11/2 現在、PC立ち上げ後の初回起動時のみ、Google Chrome が異常に重くなることを経験し対策しました。
正常なら2~3秒、2回目以降の起動なら0.5秒程で起動する PC で、1分以上かかるという異常な状態に陥ります。
ネットで検索したところ全く例が出てこないので、自己解決できたこともあり公開致します。

結論は MicroSoft Update のカスタマイズ検索に出てくる、Microsoft Silverlight というプログラムに原因があります。

Chrome のバージョンは「30.0.1599.101 m」で、
Microsoft Silverlight のセキュリティ更新プログラム「KB2890788」を適用し、バージョン「5.1.20913.0」になると発生します。
Silverlight のバージョンが「5.1.20513.0」までは正常に動作します。

ネット上に情報が無いことを考えると我が家の PC 環境による相性問題の可能性もありますが、様々な検証結果 Chrome が対応できていないか更新プログラムにバグがある可能性が高いと思われます。

Chrome 側は何も変更せずプログラムの追加と削除から「Microsoft Silverlight」を削除し、「5.1.20513.0」までのバージョンを再インストールすることにより改善されます。
デジタル署名のタイムスタンプが 2013年5月14日 22:45:15 までの物が正常です。

またこの更新プログラムを適用しつつ Chrome を正常に動作させるべくトライした内容は以下のようになります。
この過程の中で全て PC を再起動し Chrome の起動テストをし、改善されなかったという例です。

  1. 問題のある更新プログラムをインストール
  2. Chrome の詳細設定画面で、設定を初期設定に戻す
  3. Chrome をアンインストール
    C:\Program Files\Google\Chrome 以下削除
    C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Google\Chrome 以下削除
    Chrome 関連レジストリ全削除
    最新の Chrome をDL & インストール
  4. Chrome のプラグイン設定(chrome://plugins/)で、Silverlight を無効にすることも出来ますが、全く無効よりも旧バージョンを使えた方が良いのでテストせず
  5. Chrome の起動オプションは変更せず

以上のような経緯から同じトラブルに遭遇された方は、Chrome か Silverlight が改善されるまで旧バージョンの利用をお勧めします。

スポンサーリンク
sns1 RSS Feedly はてな Line Tweet FaceBook sns2 Follow Follow none none none none
スポンサーリンク

コメント

_____________________________________________________________________________________________________
net PV