スポンサーリンク

オウルテック FSP RAIDER 750W RA-750 のレビュー

オウルテック FSP RAIDER 750W RA-750

実際使ってみた感想としては非常に満足しています。
今までの電源が弱っていたこともあるためか、PC 起動時間が少し早くなるなど体感できる違いまでありました。
凄く静かで発熱も少なくコンパクトであり、何より驚いたのが軽いことです。
中の構造も驚くほどパーツが少なく、もっと小さく出来そうなほどスカスカなのですが、これはつまり通気性がよく冷却性能に優れてるであろうと予想されます。

ケーブル脱着式ではないので、ケーブルやコネクタを破損させないことと収納には気を使う必要はありますが、必要最小限度の構成の PC だとしても余るケーブルは細めのが3~4本程度です。
私は ATX 規格の中でもかなり大型のケースを使っていますが、それでもケーブルの長さは余るほど十分です。
必ずしも誰にでも満足して貰える一品などとは保障できるわけがありませんが、電源選びに迷っていたり、私の電源選びに賛成できると思った方は是非試されては如何かと思う一品です。

因みに製造中止になって間もない 650w のタイプもあり Amazon でまだ売れ残りが販売されてますが、値段が千円安いだけなので今後の高性能パーツに対応するためにも 750w を選んでおいた方がお得ではないかと思います。
グラフィックカードを取り付けない事務仕事用 PC とかであれば 650w すら必要なく、400~500w もあれば十分かと思います。

お金のことは一切気にしない性能だけをお求めの方は、何も考えず Nipron の5万円オーバーの電源を選ぶといいでしょう。
電源マニアの方は10万オーバーの品でも選べば自己満足が得られるかと思います。
それらの極端な人達以外で 1.5~3万位の一般的な範囲の高性能電源を考えてる方は、一度コストパフォーマンスと寿命を考慮し、数値ではなく本当に自分が必要とする高性能とは何なのか?ということを見直してから決断されては如何かと思います。

筆者の電源が壊れた経緯

半年ほど前に PC を移動するために主電源を落としコンセントを抜いて移動したところ、再セット後に電源が入らず、主電源のオンオフや電源ボタンを数回押し直して復活したことがありました。
2~3ヶ月前に雷の警戒のためコンセントを抜いたところ、また電源が入らない症状がありました。
いずれの場合も一度電源が入ってからは毎日正常に稼動してました。
今回配置換えのためコンセントを抜いて移動したところ、完全に電源が入らなくなりました。

電源が壊れていることを特定するまでの経緯

  1. 移動が切っ掛けだったこともあり、グラフィックカードの接触を疑い一度取り外してから挿し直したが復活せず。
  2. 予備のグラッフィクカードに変更するも回復せず。
  3. 長時間主電源が切れていた状態だったので、マザーボードのボタン電池を購入し交換するが復活せず。
  4. この時点で様々な原因が考えられるが、まずは CMOS クリアし BIOS の再セットアップを試みるが復活せず。
  5. 以前使っていたサブ PC(電源が切れなくなりマザーが原因と判断し解体)の予備電源が余っていたので交換すると電源が入り復活。
  6. この時点で電源が原因であることが特定できたのですが、代わりに電源が切れない症状が現れる。
  7. 主電源を落とし再び電源を入れようとすると全く立ち上がらない。しかし立ち上げる前に CMOS クリアすると立ち上がる。
  8. まずはメモリーテストを試すが全くエラーが出ず、メモリーとグラッフィクカードでは無いと判断し、また CPU の可能性も考えにくい。
  9. この時点では電源が原因で電源が切れなくなるとは想定の範囲外だったため、以前使っていた予備で保管してあるマザーボード2枚に交換してみる。
  10. ASUS P5KE の予備マザーは全く電源が入らず、このマザーは壊れていることが判明。
  11. Gigabyte GA965PDS4 の予備マザーは電源が入り立ち上がったものの、電源が切れない症状は変わらないまま。
  12. この時点でこの症状も電源が原因であることが判明し、また以前使っていたサブ PC はマザーではなく電源が壊れていたことも判明。
  13. amazon で電源を注文しマザーは現在まで使用していた Gigabyte P35DS3R に戻す。
  14. パーツ到着後セットし使用再開すると完全回復。

このような経緯で無事回復したわけですが、壊れた電源は二つとも全く同じ Antec の 550w の物で、6年ほど前に購入し片方は4年ほど使用、片方は6年間毎日使用という状態でした。
どちらも1万円以内で買えた電源だったと思いますがよく働いてくれたと言えます。
また当時は Antec は抜群に評判が良かったのですが現在の評判は全く違うようで、煙が出て壊れると言う報告が多数あったモデルの販売が大きく影響してるようです。

今回私は運が良く、壊れた電源で稼動させていたにも拘らず他の部品を破壊するダメージはありませんでした。
というのも電源が壊れた場合、粗悪なメーカーの物であったり、壊れ方の運が悪いと、ボード類を破壊し道連れにすることがあるためです。
今回壊れた二つの電源は、電源が切れない壊れ方の方は少々危険な壊れ方だったのですが、電源が入らなくなった方は最も望ましい形の寿命と思えます。

スポンサーリンク
sns1 RSS Feedly はてな Line Tweet FaceBook sns2 Follow Follow none none none none
スポンサーリンク

コメント

_____________________________________________________________________________________________________
net PV