スポンサーリンク

全ての動画を再生できるPCへ

Movie

PCで扱える動画の種類には膨大な種類があります。
逆にPCで扱えない動画ファイルは存在しないとも言えます。
それら全てのファイル形式を再生できる環境を目指そうという記事になります。

動画ファイルの基礎と種類

まず基礎知識として動画ファイルの種類や PC での動画再生の仕組みを説明します、必要無い方は次の項へ飛んで下さい。

動画ファイルには様々な種類があり、Windows の設定がファイルの拡張子を表示する状態になっていれば「000.avi」のようにファイル形式がわかります。
この avi などをコンテナといい代表的な種類としては、avi・wmv・mpg・flv・mp4 などがあります。
初期状態の Windows で再生できる種類は少なく Windows XP では wmv だけだった程です。

他にも膨大な量のファイル形式がありますが、このコンテナの中に入っている映像ファイルと音声ファイルにも様々な種類があり、それらをコーデックと言います。
全種類のコンテナとそれに対応した全コーデックとなると、とてつもない種類となります。

PCで動画ファイルを見れるようにするということは、コーデックに対応させ、コンテナの拡張子を関連付けすることになります。
例えば、映像 H264・音声 Mpeg4 の AVI と、全く同じ物が入った MP4 が存在します。
この AVI と MP4 を再生するには、H264 と Mpeg4 のコーデックが入っていれば良いわけです。

そして更にもう一つ必要なスプリッターという物があります。
これは映像ファイルと音声ファイルを分離するための物であり、再生に必要である他にエクスプローラー上でのサムネイル表示(縮小表示)に必要となります。
コーデックとスプリッターを揃えて Windows Media Player にファイルを関連付けすれば、どのような動画ファイルでも再生できます。

余計なコーデックやプレイヤーを削除する

コーデックパックを入れる前の PC の環境整備的な話です、必要の無い方は次の項に飛んで下さい。

PC のコーデックを準備する上で重要なのは、余計な物を入れて競合させないことです。
Windows XP に初期から入っている動画関連のソフトは Windows Media Player とムービーメーカーのような WMV の簡単な編集ソフトだけです。
Windows 7 では多少のコーデックが備わっていますが不十分です。
これから紹介するコーデックパック類を導入すると、Windows Media Player で全ての動画形式をサポート出来るようになります。
例外としてコーデックとは少し異なりますが、ネットで Flash 動画を見るために Adobe Flash Player は必要です。

唯一入れても良いプレイヤーは Media Player Classic のみです。
これは機能が豊富というわけではなく、逆に Windows Media Player よりもシンプルで軽いからという理由です。

自作 PC ではなくメーカー製の PC をお使いの方は、PC 購入時の状態で PC 内はゴミの山です。
特に大手メーカーの PC となると余計なプログラムがテンコ盛り状態で、XP なら SP3 でも Cドライブの初期使用状態は 5GB にも満たないですが、15GB も使用されていたりします。

筆者のように PC 内のゴミが嫌いな人間は、OS の必要無いファイルすら選別して削除するので、SP3 を入れ 2013現在の全てのセキュリティーパッチを当てた状態で、必要なドライバ類全てを入れた状態も、Cドライブは 3~4GB です。
正直なところ自作 PC じゃない人は購入後真っ先にリカバリし、OS と必要なドライバ類だけを入れた状態に正常化し、後から必要なアプリを個別で選別して導入した方が良いかと思います。

少し話がそれましたが何故この話になったかというと、その余計なプログラムの中には動画コーデックも含まれているからです。
他には後から機器を接続する際に、よくわからずにドライバとセットで付属ソフトを入れてしまうこともあります。
例えば、スマートフォン管理ソフト、動画やビデオカメラ編集ソフト、TVチューナー内蔵であれば録画ソフトや編集ソフト、ipod や Walkman の外部メディア接続ソフト、デジカメでさえ送付ソフトに動画コーデックが含まれていたりします。

PC に詳しくない人ほどやってしまうミスが、見れない動画ファイルを見るために必要の無いプレイヤーを導入してしまうことです。
代表的な2種は Real PlayerQuickTime Player です。
どちらも筆者に言わせれば PC の奥深くまで悪影響を与える粗悪品です。
そこから少し知識が付いてきたところで、自分で調べて導入してしまいがちなのが、GOM PlayerDivX のプレイヤーなどで、これらも全く必要ありません。

特に GOM Player に関しては、ネットの書き込みなどで絶賛する者が居たりと、そこら中に罠が仕掛けられています。
動画関連の話題のスレッドで GOM を高く評価している者の発言は真に受けない方がいいです。
GOM Player が動画が見れるようになるだけの便利な物だと思ったら大間違いで、しっかり余計なことをしています。
プログラムの正体を見抜けるのはプログラム知識のある人間だけだと覚えておきましょう。

以上のようにメディアファイルを再生する上で必要なソフトなどありません。
必要なのはコーデック・スプリッターであり、ソフト(プログラム・アプリケーション)ではありません。
但し見るのではなく編集や作成をするのであれば話は別です。

自分で学ぼうとせずネットで質問ばかりしてる人に多いのが、動画が見れない、今まで動画が見れたのに見れなくなった、縮小版が表示されなくなった、PC が重くなった・調子が悪くなった、などです。
これらの中の多くは必要な物が揃ってないという人ですが、アドバイスを貰っても解決しないレベルの人は余計な物を入れているケースが多いです。

何故そうなるのか、それは PC にコーデックを準備しないがために、何か見ようと思えばその都度必要なソフトを入れていくことになります。
それを続けていけば膨大な量のソフトをインストールすることになり、それらの競合が発生するからです。

またそういうタイプの人が膨大な量のソフトを覚え、扱えるとは思えません。
ソフトを一つ入れる度に、オプション設定を全項目確認して自分のPC環境に合わせるのは当然ですが、コーデックの競合を調整となるとレジストリまで弄らなければなりません。
その苦労を考えれば最初から正しい努力をした方が時間と労力を無駄にしません。
少なくとも今ここを読んでいる方はそういう失敗をしないタイプの方、またこれからそうなろうとしている方ではないでしょうか。

コーデックパックとスプリッター

筆者がお勧めするのは、一旦関連した物を全て削除し、あらゆる種類の動画ファイルを用意して再生の可否を確認しながら、コーデック類を優先順位の高い順から一つずつ入れていくことです。
それぞれの形式に合ったコーデックを必要な物だけ集めて単独で入れていくのは理想的ですが、余程動画ファイルに詳しい人でもない限り非現実的です。
そこで様々なコーデックを一まとめにした便利なコーデックパックというものを入れます。

最も有名で安定していて動作が軽いのは「ffdshow」です。
しかしながら ffdshow はスプリッターが十分ではありません。
そこで何も入っていない状態からベースに ffdshow を導入し、準備しておいたあらゆる動画ファイルの再生可否とサムネイルの表示を確認します。
表示されないファイル形式に対応したスプリッターを個別で導入していきます。

ネットで検索すると他にも有名なコーデックパックが出てきますが、
K-Lite Codec Pack
Advanced Codecs
CCCP Combined Community Codec Pack

などはお勧めできません。
これらは ffdshow とおまけを詰め合わせたもので、余計な物まで同封されていたり肝心な ffdshow のバージョンが古かったりと、素人向けに何でも詰め込んだものであるはずが逆に素人には扱いにくい物になってしまっています。

LAV Filters というのもあり、こちらはそこそこ優秀です。
エンコード・デコード能力は ffdshow より劣るものの、スプリッターが強いというのがうりです。
しかし残念ながらそのスプリッターの質が微妙で、意外と再生されないファイルが多いのです。
何故なら多くのフリーソフトなどは ffdshow を導入の前提で、それにあわせてプログラムされているからです。

ですが他のパックと違い、余計な物を入れ過ぎたりアンインストール後にゴミを残すようなことはないので、 ffdshow が相性が悪い人は次にこれを選ぶべきです。
ffdshow と両方入れて共存させることはお勧めできません。
レジストリを調整し競合の優先順位を自分でコントロールできる方でなければトラブルの原因になります。


これ以降記事最後まで設定に関する話になりますが、当然 PC 環境により違った結果も起こりますので、あくまで筆者の PC 環境による経験上の選択と捉えて下さい。
筆者が「ここの設定はこれにした場合こうなるから良くない」としていても、あなたの環境では全く逆でそれが良い選択の場合もあります。
トラブルがあった際には筆者が良くないという設定も試してみて下さい。
一応経験を元に多くの PC でこういう結果になるだろうと思われる内容のみ記載していますが、ハードウェアよりもその他のソフトウェアのインストール環境により大きく結果が異なる方もいらっしゃるかと思います。

ffdshow のインストール

まず公式サイトからダウンロードします。
http://sourceforge.jp/projects/ffdshow-tryout/releases/
ダウンロードページから最新のものを選んで下さい。
64bit OS の方は x64 と書かれているものを選びます。

Windows XP の場合は最新の物は不安定です。
筆者が順に検証した結果トラブルフリーで最も新しいものは次のリンク先にある、
http://sourceforge.net/projects/ffdshow-tryout/files/SVN%20builds%20by%20clsid/generic%20builds/
ffdshow_rev4305_20120205_clsid.exe
というバージョンです。
筆者がここで言っているためかは解りませんが、旧バージョンでこれだけダウンロード数が伸びています(笑)

インストール時にチェック項目があるページが2回出てきます。
最初の選択画面はデフォルトのままでも構いません。
DXVA ビデオデコーダーはグラフィックカードの処理の関係に影響するものなのですが、DXVA と聞いて意味がわかる人で無ければ入れてもトラブルの原因になるだけです。

2回目の選択ページは後から設定画面で変えれる項目なのでここでは何もしなくても構いませんが、ここで済ませてしまうのであれば MPEG1 と MPEG2 をチェックし「libmpeg2」を選択します。
他の項目は全て「libavcodec」で良いのですが、Mpeg だけは「libmpeg2」の方が安定します。

ビデオ・オーディオ・VFW の設定

インストール後にスタートメニューからビデオとオーディオとVFWの設定画面を開きます。

ビデオの設定
デフォルトをベースに MPEG 系 3項目を「libmpeg2」に設定します。
「無効」の場合は別途 MPEG コーデックを入れてない限りは再生できません。
「libavcodec」の場合も再生できない MPEG が確実に数種存在します。
オーディオの設定
MP1・2 と MP3 を「libmad」にします。
「無効」の場合は別途 MPEG コーデックを入れてない限りは再生できません。
「libavcodec」の場合は AVI で音声 MPEG などのファイルはまず再生できません。
ネットで拾った FLV 動画は、映像 VP6、音声 MP3、というファイルが多いのでここの設定は重要です。
VFWの設定
デコーダータブのコーデックの一覧にある全ての形式を「無効」に設定して下さい。

Real と QuickTime はそれぞれ何項目かあるので、ビデオとオーディオをセットで必要ならチェックしましょう。
他には余計なチェックはしないで下さい、FLV と全く関係の無いものにチェックを付けたら一部の FLV が見れなくなるということも起こります。
こういう設定は事前に全てONにしておく物ではなく、必要になってから一つずつチェックを増やしていくものなのです。

VFW の設定を何故全て無効にするのか

プレイヤーで再生することには無関係で、動画を作成する際に大きく影響します。
例えばエンコードソフトで動画を変換するときや、アマレココのようなキャプチャソフトで動画を撮影する際に影響があります。
大抵のソフトは自分が役割を果たすための必要コーデックを持っているので、VFW が有効になっているとそれらを妨害してしまうのです。
VFW の使い方は、何かのソフトで編集する際に DivX が処理できなければ DivX にチェックを付けて試してみて、効果があればそのままで、効果が無ければ元に戻しておく、そういった使い方をお勧めします。

Haali Media Splitter のインストール

この段階で、mp4・mkv・mpg・flv 辺りがまだ再生できなかったり、サムネイルだけ表示されなかったりしてるかと思います。
まず先にこのスプリッターパックで mp4・mkv・mpg に対応させます。
http://haali.su/mkv/

インストール時の選択は以下のように設定します。

インストール後は特に設定は必要ありません。
上の2つのチェック項目は Media Player Classic の内臓コーデックを無効にするものです。
ここで無効にしてしまうと有効にしたいときに困るので、無効にするとしてもそれは Media Player Classic の設定で行うべきです。

筆者のお勧めは Windows Media Player と Media Player Classic を使い分け、Media Player Classic は内臓コーデックで動作させるという方法です。
そうすれば Windows Media Player で再生できないファイルがあった際に、Media Player Classic で再生できればファイルは正常で設定が悪いことが解り、再生できなければ設定ではなくファイルが壊れていることが解ります。

その他は基本的に初期状態のままがお勧めです。
Mpeg の2項目はチェックしなかった場合も ffdshow によって動画は再生できると思いますが、サムネイルが表示されないと思います。
Mpeg-TS の方はチェックしておいた方が無難です。
Mpeg-PS の方はチェックした場合、ゲームの mpeg ファイルを使ったムービーシーンなどでエラーが出る確率が高いです。
チェックしなかった場合は音声ファイルが AC3 の Mpeg-PS ファイルでサムネイルが表示されない確率が高いです。
どちらかと言うとサムネイルは別でどうにかするとして、無難なのはチャックを外しておくことです。

AVI はチェックしない方が良いです。
サムネイルはどちらでも表示されますが、肝心な動画の再生にトラブルを引き起こす場合があります。
拡張子 AVI・映像 DivX・音声 MPEG のような構成に弱く、音ずれや映像のコマ送り減少が発生します。

余談ですが ffdshow と Haali Media Splitter のインストールガイドや設定関連サイトで、MPEGを外すように勧めているサイトが大半です。
正直言いまして理解してない人が書いてるサイトです。
様々なファイルタイプの因果関係も考えた上で設定をしっかり行っていれば、Mpegを外すべきという発想にはなりえません。

開発者は便利だから搭載している、しかしユーザーが理解できずにトラブルを生み出す、しょうがないからデフォルトではチェックを外して配布しよう、といった残念な流れです。
実際開発者や大手フリーソフト紹介サイトでその様な発言が無いことが全てを物語っています。

FLVSplitter のインストール

この段階で残るのは flv のみという人が多いかと思います。
こちらのスプリッターで flv に対応させます。
FLVSplitter_20090428
Download
FLV Splitter には大きく4系統が存在しますが、こちらが一番安定するタイプです。

●XP のインストール方法

解凍したファイル内のFLVSplitter.axをシステムフォルダ「C:\WINDOWS\system32」にコピーします。
XP はスタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選択し、ファイル名を指定して実行ダイアログを表示させます。
そこに「regsvr32.exe FLVSplitter.ax」と入力し[OK]を押します。
「FLVSplitter.ax の DllRegisterServer は成功しました。」と表示されればインストール完了です。

●Vista のインストール方法

解凍したファイル内のFLVSplitter.axをシステムフォルダ、32bit は「C:\WINDOWS\system32」、64bit は「C:\Windows\SysWOW64」にコピーします。
「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンド プロンプト」を右クリックして「管理者として実行」をクリックし、「管理者:コマンド プロンプト」を表示させます。
32bitの方は「regsvr32.exe FLVSplitter.ax」と入力し[OK]を押します。
64bitの方は「regsvr32 C:\Windows\sysWOW64\FLVSplitter.ax」と入力し[OK]を押します。
「FLVSplitter.ax の DllRegisterServer は成功しました。」と表示されればインストール完了です。

●7 のインストール方法

解凍したファイル内のFLVSplitter.axをシステムフォルダ、32bit は「C:\WINDOWS\system32」、64bit は「C:\Windows\SysWOW64」にコピーします。
「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンド プロンプト」を右クリックして「管理者として実行」をクリックし、「管理者:コマンド プロンプト」を表示させます。
32bitの方は「regsvr32.exe FLVSplitter.ax」と入力し[OK]を押します。
64bitの方は「regsvr32 C:\Windows\sysWOW64\FLVSplitter.ax」と入力し[OK]を押します。
「FLVSplitter.ax の DllRegisterServer は成功しました。」と表示されればインストール完了です。


お疲れ様でした。
以上で一般的な動画、ネット、携帯、TV録画、ビデオカメラ、DVD、ダウンロード動画、などが支障なく見れるようになったと思います。
もし正常に見られない種類があれば、該当のコーデックやスプリッターを個別に追加してみましょう。

Divx や Xvid の場合

Xvid-1.3.2-20110601.exe
http://www.koepi.info/xvid.html
インストール時 MP4 だけチェックを外して下さい。
正直なところ ffdshow の設定で解決できない人がこれを入れると、更にこちらの設定も加わって難しくなるわけで、余程運が良くなければ解決に至らないと思います。

Mpeg の場合

GPL MPEG-1/2 DirectShow Decoder Filter
Download
あまり強力な物ではないので、これを入れて解決という見込みは低いです。
また MPEG コーデックはあらゆる物に付属してるので、競合を増やすだけとも言えます。
設定が無いこととアンインストール簡単なことから、気楽に試しても良い物ではあります。

サムネイル

エクスプローラーでサムネイル表示がされない場合は、Windows 7 の場合「Icaros」というフリーソフトを導入することでサムネイル表示できるようです。

XP の場合は必要なものを全て入れていてもレジストリで有効にする項目が無ければ表示されません。
avi のサムネイル表示を例に説明しますが、avi の部分を目的の拡張子に置き換えて読めば、全動画と画像共通の設定なので、必要な拡張子に以下の数値を作成して下さい。

スタート>ファイル名を指定して実行>regedit>OK>と進みレジストリエディタを開きます。
HKEY_CLASSES_ROOT \ .avi \ ShellEx \ {BB2E617C-0920-11d1-9A0B-00C04FC2D6C1}
と進み、この段階でフォルダ(レジストリではキーと言います)が無ければキーを作成します。
規定をダブルクリックで開き、値に以下の文字列を設定します。
{c5a40261-cd64-4ccf-84cb-c394da41d590}
入力が終わったらレジストリエディタを閉じます。

これでエクスプローラーを開きなおせば表示されますが、フォルダオプションで縮小版をキャッシュする設定になっていると、主導で該当ファイルを右クリックし「縮小版を最新の状態に更新」を行わなければ表示されないかもしれません。
それでも表示されない場合は念の為 PC を再起動し、それでも表示されないことを確認できた場合は、レジストリの設定に誤りがあるか、コーデックやスプリッターが入っていないか正しく設定されていないことになります。

FLV でよく起こる現象として、全てではなく一部のファイルだけ白黒に表示される。
Mpeg でよく起こる現象として、上下反転している。
全種共通として、アスペクト比が保たれない。
などが起こりえますが、Mpeg の反転は耐え難いですが、その他に関しては再生に問題ないのであれば妥協した方が無難です。

これらの問題は、コーデックやスプリッターが合っていない場合に発生します。
そのファイルの該当コーデックやスプリッターを違うものに変更すれば解決するのですが、作業としては該当の物を探し入手・インストールし、ffdshow の該当箇所を使用しないように設定することで解決すると思います。
サムネイルが真っ黒に表示されるなどは、サムネイルは動画の一コマ目を表示するので動画の最初が真っ黒であれば真っ黒になります。

コーデックを調べるソフト

自分で色々編集する際にコーデックを調べるソフトを手に入れる必要があります。
代表的な物を3種紹介します。
対応 OS などは公式サイトで確認してください。

MMname2

http://page.freett.com/HarryTools/

MediaInfo

http://mediaarea.net/ja/MediaInfo/Download/Windows

AVIcodec

http://avicodec.duby.info/

意外と見落としがちな Windows Media Player の設定

先にも述べたように Media Player Classic と使い分けていれば、動画が再生できない際にファイルの問題か設定の問題かは判別できます。
設定の問題だった場合に、ffdshow のコーデックなのか、Haali のスプリッターなのかと疑ってしまうと思います。
間違いではないのですが見落としがちなのが Windows Media Player その物の設定です。

オプション設定を全項目確認するのは当たり前ですが、少々わかりにくい所に重大な設定が隠されています。
Windows Media Player 11 を例に挙げると、
ツール>オプション>パフォーマンス と進むと、ビデオアクセラレータの所に詳細というボタンがあります。
PC に自信の無い人はここまで開かない可能性は高いかと思います。
開いてみると Windows Media Player の核心ともいえる重要項目がずらりと並んでいます。

筆者のお勧め設定は以上の内容ですが、トラブルが解決しなければ、ビデオミキシングレンダラと DirectX ビデオアクセラレータのチェックを外して見ましょう。

ビデオミキシングレンダラのチェックを外すと、再生画面をダブルクリックしたときに全画面表示にならなくなります。
DirectX ビデオアクセラレータのチェックを外すと、プレイヤーで画質の設定が出来なくなります。
画質の設定に関しては PC に搭載しているビデオカードによっては、ビデオカードのドライバ側で制御されている場合もあるので、環境によって大きく異なります。
オーバーレイにチェックが付いていると、プレイヤーで再生中の動画をキャプチャソフトなどで撮影できなくなります。
高画質モードにチェックを付けると、目で見てわかるほど差が無いにもかかわらず、ファイル情報が乏しい動画ファイルがほとんど再生できなくなり、エラー強制終了が多発します。
デフォルトでは全て残念な設定になっているので、ここを開いたことがなかった人は今までの苦労やストレスのことは忘れて冷静に設定してみて下さい。

スポンサーリンク
sns1 RSS Feedly はてな Line Tweet FaceBook sns2 Follow Follow none none none none
スポンサーリンク

コメント

_____________________________________________________________________________________________________
net PV