32bit が x86、64bit が x64 で表わされる理由

32bit が x86、64bit が x64 で表わされる理由

何故この疑問を持つ人が多いのか、それは家電売り場のメーカー製 PC も自作パーツの CPU でも、製品名に x86 の表記で販売していないメーカーが混乱の元を作っています。
というよりも、販売時と同様に 32bit と 64bit の表記以外使わなければ混乱は起こらないのに、マイクロソフトダウンロードセンターなどで x86 と x64 が出てくるのが問題なのです。

昔(昭和時代、初代ファミコンの頃)インテルが 8086 という 16bit CPU を作っていて、これを x86 と表記していました。
その後継型が「8086」「80186」「80286」と続き、更に 32bit CPU の「80386」「80486」と進化します。
型番の下2桁が「x86」と共通するところからこれらの CPU は x86 と呼ばれるようになります。

現在の 32bit 版 CPU はこれの改良型という位置付けで x86 と表記されます。
後に登場する 64bit CPU もこの x86 の改良型にあたるため、正しくは x86-64 となりますが略して x64 と表記されるようになりました。
マイクロソフト公式も含めて x86-64 と表記しているようなところは無く、

32bit=x86
64bit=x64

で、固定されています。

64bit が出たときに数字だけで 32 と 64 という表記を主流にでもしてくれればわかりやすかったと思いますが、もう手遅れなので覚えるしかありません。
逆にこれが解ってしまうと全て x86 CPU なのに 64bit を x64 と表記する方に違和感を感じてしまいます。
そもそも一般人が知りもしない x86 などと余計な記述をしないで、空白にしておけばよいという話になります。
冷静に考えれば2文字多く打つのを面倒くさくて 32bit を x86 と表記していることに不快感を感じます。

これは誰もが一度は調べて覚えることで、64bit がこの世に出るまで x86 の表記はプログラマーしか目にすることは無かったですし、昭和末期に MSX や X68000 や PC8800 を使っていた人ですら自分の PC が x86 だなんて知りもしません。
現代の CPU では Intel か AMD か、グレードは i7 か i5 かは誰もが把握してるでしょう。
そこから更に詳しい人はアーキテクチャの Coffee Lake-s・Kaby Lake・Skylake などの CPU の世代を把握してるでしょう。
更にこれらの型番を皆さんはご存知でしょうか?

細かいことは気にせず「32bit が x86、64bit が x64」と覚えてしまいましょう。

コメント