PC活用術
パソコンを有効活用するための情報・自作PCパーツ情報・フリーソフト紹介解説。
大手レビューサイトとは違い、皆さんのお財布にやさしい情報発信をテーマにしています。
TOP > 豆知識 > 32bitがx86、64bitがx64で表わされる理由

32bitがx86、64bitがx64で表わされる理由

32bit64bit

昔インテルが 8086 という 16 ビット CPU を作っていて、これを x86 と表記していました。
現在の 32bit 版 CPU はこれの改良型という位置付けで x86 と表記されます。
x64 は正しくは x86-64 となりますが、略して x64 と表記されるようになりました。

64bit が出たときにそれに合わせて x32 という表記が主流になればわかりやすかったと思いますが、32bit の方は今でも x86 のままです。
逆にこれが解ってしまうと全て x86 CPU なのに 64bit を x64 と表記する方に違和感を感じてしまいます。
細かいことは気にせず「32bitがx86、64bitがx64」と覚えてしまいましょう。

rss1 hatena Tweet facebook googleplus Line

コメント

◀ NEWTOP ▲ 400 ▲ 400 ▼ OLD ▶
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。