Windows10 の OneDrive を無効にしてエクスプローラに表示させない方法

Windows10 OneDrive を無効

Windows10 では最初から OneDrive がインストールされています。
Windows10 をローカルアカウントで使っている方は、OneDrive にログインしなければ勝手にファイルが共有されることはありませんが、使わない人の方が多いと思うのでプリインストールされることに不満な方も多いことでしょう。 Windows10 は共有に力を入れている OS ということもあって、OneDrive は結構深く入り込んでいることから削除やアンインストールをするようなものではありません。

これを読まれている方は、OneDrive が PC に入ってることではなく、全く使わないのにエクスプローラのフォルダーツリーに表示されるのが邪魔で、OneDrive を 無効・削除・停止・非表示 にしたいと思っている方だと思われます。

Windows10 上で OneDrive そのものを無効・停止する手順を説明しますが、停止しても WEB 上からブラウザで OneDrive の利用は可能です。

「Windows キー」+「Rキー」を押すか、スタートメニューを右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
入力欄に「gpedit.msc」と入力し、「OK」をクリックします。

Windows10 OneDrive を無効

ローカルグループポリシーエディターが開くので、
ローカルコンピューターポリシー>コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windows コンポーネント>OneDrive
を開き、「OneDrive をファイル記憶域として使用できないようにする」をダブルクリックします。

「未構成」になっている項目を、「有効」をチェックして「OK」をクリックします。

無効にするのに有効を選ぶということで間違わないようにご注意ください。
「使用できないようにする」機能を「有効」にして、OneDrive を「無効」にする作業です。

これで Windows10 上では OneDrive を削除・アンインストールすることなく、エクスプローラ上では 無効・削除・停止・非表示 にできたかと思います。

コメント