必要か内臓か外付けか、サウンドカードとカードリーダー

サウンドカードとカードリーダー

最終更新:2015/5/19

サウンドカード

サウンドカード

サウンドカードは PC に直接スピーカーだけを付けるというのであればあってもよいかもしれませんが、特に音に拘るのでなければ PC で音質調整で十分かと思います。
最近ではスピーカーだけでなく、アンプを間に挟むような外部で音質調整出来る物も多く見かけます。
USB で外部接続するタイプも多くなってますが、このタイプは遅延(音が遅れる)が大きい商品も多いので、選ぶ際には評判などの情報収集が必要です。
また、サウンドカードを取り付けても、ディスプレイ内臓のオマケ程度のスピーカーを使うのであれば全く無意味なので、スピーカーとセットでランクアップさせるものだと思って下さい。

筆者はコンポをライン入力で接続しているので音質に困ることはありません。
サウンドカードは使ってない派なので詳しくはわかりませんが、店員さん曰くあまり安価な製品は効果は期待できないとのことです。
またサウンドカードを取り付けると他のパーツに比べ予期せぬエラーなどのトラブルも多いとも聞きます。
amazon で様々なタイプが売られているので、評判を見て判断されることをおすすめします。

カードリーダー

カードリーダー

ビデオカメラ、デジタルカメラ、携帯、スマートフォン、プリンタ、などあらゆる物とのデーターの移動に必要です。
カード差込スロットに埃が詰まると掃除も難しいので、USB 外付けタイプを強くおすすめします。
またマルチカードリーダーを内臓で取り付けると、マイコンピューターのドライブが大量に並んで(カードだけで4つとか)大変なことになります。
それ程性能で迷うパーツではないので価格と評判で選んでしまって良いかと思います。

FDD(フロッピーディスクドライブ)

フロッピーディスクドライブ

以前は3.5インチベイに取り付けるカードリーダーには FDD も内蔵されていました。
現在ではもう内蔵型にも付いておらず、流石にこれはもう必要ないかと思います。
現代のレベルでは画像一枚すらフロッピーディスクには収まりません。

必要な方は USB 外付けをおすすめします。
内臓の場合は現代のマザーボードには USB でしか取り付けられないので、古いフロッピーケーブルの物は取り付ける方法はありません。

コメント