PC活用術
パソコンを有効活用するための情報・自作PCパーツ情報・フリーソフト紹介解説。
大手レビューサイトとは違い、皆さんのお財布にやさしい情報発信をテーマにしています。
TOP > フリーソフト解説・紹介 > 「Antelope」JPG・PNG・GIFの品質を維持したままファイルサイズを削減

「Antelope」JPG・PNG・GIFの品質を維持したままファイルサイズを削減

Antelope

「Antelope」は JPG・PNG・GIF の品質を維持したままファイルサイズを削減できるフリーソフトです。
対応OS:Windows Vista/7/8/10 64 bit


画像ファイルのサイズ削減が必要な人は主に、画像を大量に保管している人か、ブログやSNSなどで限られた容量で画像有りのコンテンツを作成している人になるかと思います。
後者の方が圧倒的に多いと思われますが、特にブログやサイトを運営している人は画像の圧縮は必須となります。
それは容量の節約というだけではなく、Google の検索エンジンからのサイト評価に影響があるからです。

PageSpeed Insights で自サイトをチェックすると、圧縮してない画像があるとその分減点されていることが確認できます。
画像が大量に貼られているページほど減点される点数も大きくなります。
評価や点数以前に、閲覧者のページ読み込み速度が遅くなることが一番の問題なので、快適に閲覧して貰うためにも必ず画像は圧縮しましょう。

JPGだけ、PNGだけという圧縮フリーソフトは色々あるのですが、両方対応しているフリーソフトは珍しく、圧縮方法や圧縮率も調整できるなど、完成度の高いフリーソフトです。
デザインもWindows10のストアアプリのような現代風で、フリーソフトでは珍しいかと思います。

使い方

Antelope

  • このリスト欄に画像ファイルをD&Dします。
  • ここをクリックすると圧縮されます。
  • 初めて使うときはここからメニューを開き、自分好みの設定に調整します。

Antelope

非可逆圧縮にするとファイルサイズを大きく削減できますが、多少の画質劣化が発生します。
最適化レベルにも左右されるのと、PNGよりもJPGの方が劣化は大きくなります。

最適化レベルは筆者が調べた範囲では、ペイントソフトなどでJPGを70%圧縮で保存するのと同等なのが「5」です。
70%=5 の品質は PageSpeed Insights で85%程度合格といった品質です。
かといって「4」まで下げると画像によっては劣化が目立ち始めます。
風景・人物・アニメイラスト・グラデーション画像など色々なタイプで劣化度合いを確認してみることをお勧めします。

プログレッシブとは、Google の画像検索ページの表示のように、最初はモザイク画像のように超低画質で表示され、読み込みが終わると本来の奇麗な画像で表示される方式です。
これに対して通常の上から順に表示される方式をベースラインと言います。

プログレッシブのメリットとしては、サイトに画像を貼るときに width と hight を指定しなくても画像の読み込み前からレイアウトが正しく表示される。
閲覧者が画像の読み込みが終わる前にどのような画像なのか把握できるなどがあります。

対してデメリットは、稀ではありますがプログレッシブに対応していない環境の人が画像を見れなくなる。
プログレッシブに対応してないペイントソフトや画像編集ソフトで扱えないファイルとなってしまう。
それらのリスクを理解した上でプログレッシブを選択しても、SNSやフリーブログサービスなどでは勝手にベースラインに変換される所も多い。

結論としてはオフラインでの画像の取り扱いに関してはプログレッシブはデメリットしかないので、サイトにアップロードする場合もベースラインを使う人が大半です。

公式サイト
Voralent
http://www.voralent.com/ja/products/antelope/

rss1 hatena Tweet facebook googleplus Line

コメント

◀ NEWTOP ▲ 400 ▲ 400 ▼ OLD ▶