Windows10 のスタートアップ起動を管理者として実行する方法

Windows10 のスタートアップ起動を管理者として実行

Windows10 でのスタートアップ起動に関連した内容となります。
「管理者として実行」「通常のスタートアップ」「スタートアップを管理者として実行」の三段階に分けて説明します。

アプリケーションを「管理者として実行」する

Windows10 では、アプリケーションを起動する際に管理者として実行しなければ正常に機能しない場合があります。
システムに深く影響するアプリケーションほどその可能性が高くなりますが、関係があるとは思えないゲームなどでも正常にプレイはできるがセーブができないなどの場合もあり、意外と使用頻度の高いのが「管理者として実行」です。

古い OS には無かった「管理者として実行」ですが、これはセキュリティ上必要となり搭載された機能で、Windows10 には Administrator 権限を持ったユーザーでログインしていても、アプリケーション・ソフトウェア・プログラム・実行ファイルなどを起動する場合には、更にもう一つ実行権限の壁が設定されたものです。

アプリケーションが正常に機能しない場合、まず最初に試すのが「管理者として実行」です。
エクスプローラーで実行ファイルがあるディレクトリを開き、対象の「〇〇〇.exe」などを右クリックし、「管理者として実行」を選択するだけです。
これで正常に機能すれば、実行権限が問題だったことが確認できたことになります。
アプリケーションによって様々ですが、一回このように起動するだけで以降は問題なく使用できるアプリケーションもあれば、毎回管理者として実行する必要があるアプリケーションもあります。

Windows10 のスタートアップ起動を管理者として実行

毎回管理者として実行する必要があるアプリケーションは、実行ファイルのプロパティから設定してしまいます。
対象の「〇〇〇.exe」などを右クリックし、プロパティ>互換性>管理者としてこのプログラムを実行にチェック>適用>OK、と設定します。
デスクトップのショートカットなどから起動する場合は、ショートカットも同様にプロパティから設定します。

Windows10 のスタートアップ起動を管理者として実行

アプリケーションを通常のスタートアップで起動する

常に使うアプリケーションはスタートアップで起動するのが一般的です。
スタートアップに登録する場合、まず最初に該当アプリケーションにその設定がないかを探します。
大抵のアプリケーションでは「設定」「オプション」「管理」などにあります。

アプリケーションにスタートアップの設定が無い場合は、手動で登録する必要があります。
これまで Windows ではプログラムをスタートアップで自動起動したい場合、プログラム自体に設定が無くてもショートカットをスタートメニュー内の「スタートアップフォルダ」に入れれば起動できました。
Windouws10 のスタートメニューには、「スタートアップフォルダ」が設置されていませんが、これまでと同様にスタートアップフォルダがあり、このフォルダをスタートメニューにピン止めすることにより同様の状態にできます。

スタートアップフォルダの場所は、
C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥Windows¥Start Menu¥Programs¥Startup
「ユーザー名」はログインユーザー名が入ります。

AppData フォルダが初期状態では隠しフォルダになっているので、メニューの「表示」から「隠しフォルダ」にチェックを付け表示状態にする必要があります。

Windows10 のスタートアップ起動を管理者として実行

このフォルダにショートカットを入れれば良いだけなのですが、スタートメニューにピン止めしておくと便利でしょう。

これで正常に起動できれば何も問題ありませんが、普通に起動はできるのにスタートアップでは起動できないアプリケーションも多いです。
実行ファイルもショートカットも「管理者としてこのプログラムを実行」に設定していても起動できない場合が多いです。
その場合は全く違う設定方法を使います。

アプリケーションをスタートアップで管理者として実行する

スタートアップの登録ではなく、タスクスケジューラを使用して設定します。
まず最初に重複を避けるために、アプリケーションの設定や上で説明したスタートアップフォルダのショートカットを解除削除します。

タスクバーのスタートメニューから、全てのアプリ>Windows 管理ツール>タスクスケジューラを起動します。
左のフォルダツリーの「タスク スケジューラ ライブラリ」を右クリックします。
右クリックメニューの中から「タスクの作成」を選択します。

以下の画像のように設定します。
この項目の中で「最上位の特権で実行する」というのが、「管理者として実行する」にあたります。

Windows10 のスタートアップ起動を管理者として実行 Windows10 のスタートアップ起動を管理者として実行 Windows10 のスタートアップ起動を管理者として実行 Windows10 のスタートアップ起動を管理者として実行 Windows10 のスタートアップ起動を管理者として実行 Windows10 のスタートアップ起動を管理者として実行

Windows を再起動してアプリケーションが正常に起動すれば成功です。
もしこれで起動しなかった場合は実行権限の問題ではないので、別の問題を調べる必要があります。

コメント