タスクバーに ENG と表示され日本語入力できなくなったときの対処法

タスクバーに ENG と表示され日本語入力できなくなった

日本語キーボードに対応していない海外製のソフトなどを起動すると IME が英語キーボード入力状態となり、タスクバーに日頃表示されていない「ENG」というアイコンが表示され、日本語入力ができなくなります。
特に多いのが海外製のゲーム(Grand Theft Auto V など)を起動したときなどです。

タスクバーに ENG と表示され日本語入力できなくなった

ENG 状態から 元の Ⓙ に戻したいときは「Ctrl」+「Shift」を押すことで切り替えられますが、ENG 又は Ⓙ の表示は、PC を再起動するまで消えません。

ソフト側にこれを解決する設定がある場合はそちらで設定しますが、このような現象を引き起こすソフトには設定項目がある可能性は低いです。

自動で切り替わるのはソフトが日本語キーボード対応していないのでどうにもならないので、そのソフトを終了後に自動で Ⓙ に戻るように IME 側で設定します。

スタート>設定>時刻と言語>地域と言語>キーボードの詳細設定>アプリ ウィンドウごとに異なる入力方式を設定する(チェックを付ける)
このように設定することで、自動で日本語キーボードに戻るようになります。

タスクバーに ENG と表示され日本語入力できなくなった タスクバーに ENG と表示され日本語入力できなくなった タスクバーに ENG と表示され日本語入力できなくなった タスクバーに ENG と表示され日本語入力できなくなった

手順は Windows10 バージョン 1803 のものであり、Windows10 は大型アップデートのたびに設定画面やコントロールパネルの項目が変更されるので、手順通りの項目が見当たらない場合などは「Cortana」に「地域と言語」などと入力して検索するなどして探してみて下さい。
大抵の場合は従来からのコントロールパネルから探すのが確実ですが、今回の件に関してはコントロールパネルや IME のプロパティから辿り着くのは不可能か難しいと思われるので、「設定」から探した方が近道です。

コメント