PC 内の不要ファイルとレジストリの掃除ができるフリーソフト「CCleaner」

PC 内の不要ファイルとレジストリの掃除ができるフリーソフト「CCleaner」

最終更新:2019/3

CCleaner は余りにも有名な OS の掃除フリーソフトです。
対応OS:Windows XP/Vista/7/8/10 日本語対応
開発:イギリス・Piriform Ltd.


PC は普通に使っているだけで不要ファイルが蓄積し、使われなくなったレジストリも溜まり日増しに調子は悪くなっていくものです。
それを防ぐためにユーザーが日頃からやらなければならない作業は二つあります。
不要ファイルの掃除とデフラグです。

Windows10 付属のディスクリーンアップは極端に安全に作られているため効果も弱いです。
かといって CCleaner が危険かというと決してそういうわけではありません。
強力な故に設定次第ではかなり攻めた領域まで不要ファイルを掃除できるというものです。
逆にこのソフトを使っても絶対安全に拘りすぎて設定すると、Windows10 のディスククリーンアップ程度の効果しか得られません。

Windows10 付属のものと大きく違うのはレジストリの掃除も出来てしまうことです。
これは効果絶大で、全く何もしない状態で長期間使い続けた PC でレジストリの掃除を行うと、PC スペックが低い人ほど体感ではっきり解るほど絶大な効果があります。

しかしレジストリといえば何処のサイトでも書かれているのが「失敗すると PC が起動しなくなる」「自己責任で」「素人は弄らない方が良い」など見ているだけで恐ろしくなるような扱いをされています。
確かにそれは間違いではありません、しかし過剰に怯えていてはいつまでも弄れない素人のままですし、レジストリを弄ることによって様々な恩恵を受け PC 初期状態よりハイパフォーマンスの状態で使っている人が沢山いるのも事実です。

筆者に言わせればCドライブのシステムファイルもレジストリも大して変わりません。
Cドライブにはたった一つのファイルを削除しただけで2度と起動しなくなり、セーフモードに入ることすら出来なるファイルが無数にあります。
そのような環境で毎日使っておきながら今更レジストリが何なんだと思うわけです。

CCleaner 公式サイト
http://www.piriform.com/

公式サイトのレイアウトが変わってから、ポータブル版の配布ページはあるもののトップから辿っていく方法が無いように思えます。
こちらが公式のポータブルバージョン置き場です。
https://www.ccleaner.com/ccleaner/builds

CCleaner の設定と使い方

CCleaner の設定方法ですが、このソフトだけはこれがお勧めというものはありません。
仕様ソフトの環境により異なりますし、何処まで不要ファイルを消したいかは人それぞれ違うからです。
初めて掃除を実行するときは必ず設定項目を全て確認しなければなりません。
とりあえず適当に使ってみるというのは許されないソフトです。

PC 内の不要ファイルとレジストリの掃除ができるフリーソフト「CCleaner」

ディスク解析は不要ファイルの掃除とは関係ないので、不要な方は全てチェックを外します。

PC 内の不要ファイルとレジストリの掃除ができるフリーソフト「CCleaner」

毎回起動時に掃除をする必要はありません。
ここの削除方式やドライブ選択は、ドライブの未使用領域の完全削除(ゴミ箱から削除したファイルを復元不可能にするために空データを上書きし完全に削除するため HDD だと膨大な時間がかかる)に関連するもので、完全削除を使わない人は全てチェックを外しておいて問題ありません。

PC 内の不要ファイルとレジストリの掃除ができるフリーソフト「CCleaner」

クッキーを削除するとそのサイトの保存情報やパスワードなども削除されてしまいます。
掃除の度に入力が面倒であれば、ここで該当サイトのクッキーを除外に設定しておきます。
大体は URL から推測できますが、正確に知るためには一旦掃除を実行してクッキーが全くない状態で、例外設定したいサイトを開くと赤枠の欄にそのサイトのクッキーが表示されるので、矢印ボタンを使って青枠欄に登録します。
広告のクッキーなども含め複数表示されると思いますが、どれが本命のクッキーかは見れば判断できると思います。

PC 内の不要ファイルとレジストリの掃除ができるフリーソフト「CCleaner」

筆者がおすすめするのはポータブル版ですし、自動更新はおすすめできません。
UPD したときは基本的に設定は引き継がれますが、大きな変更があったときなどに稀に設定が変更される場合(何度も経験あり)があります。
知らずに予期せぬファイルを削除してしまうと困るので、UPD 後は全項目再チェックが必須です。
なので勝手に UPD されては困ります。

PC 内の不要ファイルとレジストリの掃除ができるフリーソフト「CCleaner」

Windows10 の設定次第では CCleaner64 を起動する度に UAC 警告が出るので、それが邪魔であればチェックを付けます。

PC 内の不要ファイルとレジストリの掃除ができるフリーソフト「CCleaner」

データ提供に協力するかどうかを設定します。

PC 内の不要ファイルとレジストリの掃除ができるフリーソフト「CCleaner」

上の方に「Windows」と「アプリケーション」のタブがあり、アプリケーションの方には Windows に初期インストールされていないアプリケーションの中で有名な物、Chrome や ThunderBird などの設定欄があります。
ブラウザやメールソフトはお好みで設定すればよいですが、Windows の下の方にある「システム」と「拡張設定」は重要なので、よく理解してから使いましょう。

基本的にこのようにチェックをすると安全です。
拡張設定のいずれかにチェックを付けるとこのような警告ウィンドウが表示されますが問題ありません。

「Windows」と「アプリケーション」の両方を全て設定したら「解析」を押して、内容を確認したら「クリーンアップ開始」で不要ファイルの掃除を実行します。

PC 内の不要ファイルとレジストリの掃除ができるフリーソフト「CCleaner」

レジストリの掃除ですが、このように上二つと一番下のチェックを外すことをおすすめします。
この設定で安全優先といった感じで、全部チェックしても普通といった感じです。
設定が終わったらスキャン>解決と進みます。

コメント