動画ファイルの変換・エンコードに特化したフリーソフト「Any Video Converter」

動画ファイルの変換・エンコードに特化したフリーソフト「Any Video Converter」

AnyVideoConverter は多くの動画ファイル形式に対応した動画変換・エンコードができるフリーソフトです。
対応OS:Windows 2000/XP/Vista/7/8/10 日本語対応
開発:国籍不明・AVCLabs


対応出力動画形式:WMV、MPG、H.264/MPEG-4、DivX、XviD、MPEG-1、MPEG-2、AVI、3GP、3G2、FLV、F4V、SWF、DV、VOB、HTML5 WebM/MP4/OGV Theora、DVD NTSC、DVD PAL、H.265 など。

対応出力音声形式:MP3、OGG、WAV、AAC、WMA、AIFF、CAF、AMR、RA、AU、MP2、AC3、M4R、M4A、FLAC など。

対応出力デバイス:iPad、iPhone 8、iPhone 8 plus、iPhone X、iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple TV、Samsung Galaxy S8、Samsung Galaxy Note 8、Google Android、Kindle、Sony、PSP、Xbox 360 など。


AnyVideoConverter は動画ファイルの変換・エンコードに特化したフリーソフトで、対応してない形式は無いと思われるほど多くのファイルに対応しています。
「Avidemux」や「XMedia Recode」と用途がかぶりますが、こちらは有料ソフトも発売しているソフトのフリー版ということもありバージョンアップなども盛んです。

Avidemux のようにエンコードをしない無劣化編集はできませんが、AnyVideoConverter は他のファイル形式に変更する目的で使うものなので、その点では大変優れていて、使用感としては初級者向けのソフトに仕上がっています。
不要部分のカットや結合など基本的な編集機能も備えています。

Avidemux も変換エンコードはできますが、対応ファイル形式は AnyVideoConverter の方が多いです。
XMedia Recode と比べると互角といった感じで、コーデックの知識がある人なら XMedia Recode の方がシンプルで扱いやすいと思いますが、初級者はその辺りの設定が厳しいので、プリセットから選ぶだけの AnyVideoConverter の方が解りやすいと思います。

Any Video Converter 公式サイト
http://jp.any-video-converter.com/

紹介したのは無料体験版ではなくフリー版です。
https://jp.any-video-converter.com/any-video-converter-free.php

Any Video Converter の使い方

筆者は Windows10 環境になってからは使用していないので、使い方の解説は旧バージョンのものとなります。

最新版

動画ファイルの変換・エンコードに特化したフリーソフト「Any Video Converter」

旧バージョン Ver3.5.8

動画ファイルの変換・エンコードに特化したフリーソフト「Any Video Converter」 動画ファイルの変換・エンコードに特化したフリーソフト「Any Video Converter」

  • オプション設定はデフォルトのままで問題ないかと思われますが、項目はそれ程多くないので最初に確認された方が良いかと思います。
  • 中央にドラッグすることで読み込めます。
  • 出力形式の中から大まかな設定を指定しても良いですし、「ALL」を選択して全てのファイル形式の中から選択しても構いません。
    プルダウンメニューを開くとファイル形式の選択が出来ます。
  • 選択した形式を更に好みで詳細設定します。
    全ての項目の指定が終わったら「変換」を押すとエンコードが始まります。

他の動画エンコード関連記事

コメント